感想ライブラリー

読書感想文「古都(川端康成)」

なんて美しい。なんて儚い。この本を読み終わったとき、まず最初にそう思いました。捨て子ではありましたが商家の娘として大切に育てられた千重子と、ふたごであった生き別れの妹の苗子が祇園祭で出会い、お互いに惹かれていくさまが本当 […]

続きを読む