感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「 ひらいて(綿矢りさ)」

この小説は、一人の女子高生の人生を私に追体験する機会を与えてくれた。女子高生の関心事と言えば、恋愛・容姿・友情だろうと思う。この本を読んで、私はそれらを余すところなく自分自身の体験と同様のレベルで、体験することができた。 […]

続きを読む

読書感想文「源氏物語の色辞典(吉岡幸雄)」

「源氏物語の色辞典」は源氏物語の登場人物が身に着けていた衣の色を忠実に再現した写真と物語の各章の概要、解釈が書かれている本である。この本が気になったのは源氏物語に出てくる色について知りたかったからだ。   本の […]

続きを読む

読書感想文「旅をする木(星野道夫)」

  まだ行ったこともない、遠いアラスカの風をふと感じられるような本である。この本を買ったとき、私はまだ新入社員で仕事に行きづまり、閉塞感を感じていた。そんな時にふと書店で目に入り、タイトルが気に入って購入した。 […]

続きを読む

読書感想文「ナイロビの蜂(ジョン ル・カレ)」

ナイロビの蜂はジョン・ル・カレの原作原題はThe Constant Gardenerを翻訳されて発売された小説だ。メインの内容はケニアが舞台の製薬会社の裏事情、その事に関係する人々、そして翻弄される人々の心理描写が描かれ […]

続きを読む

読書感想文「きみ去りしのち(重松清)」

  人は皆、この世に生を受けた時から終わりが来る事を知っている。しかし、その事実に直面している訳ではなく、おぼろげに理解しているに過ぎない。人生を全うして終えられる人もいれば、あまりにも早すぎる人もいるのだ。 […]

続きを読む

読書感想文「火の路(松本清張)」

飛鳥時代の日本に、古代ペルシャの宗教・ゾロアスター教が広まっていたという説をベースに描かれたミステリー。考古学ファンとしては読んでいて思わずこれは本当の話なのかもしれない、と思ってしまうような一冊だ。   主人 […]

続きを読む

読書感想文「働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変え[…]

「お金」現代を生きる私たちにはとても生きていくうえでとても重要な要素といえる。そして、私はいま20代だが、これから将来にかけてお金をちゃんと稼いでいけるのだろうか?結婚して子供は育てることはできるのだろうか?年金はちゃん […]

続きを読む

読書感想文「ふくわらい(西加奈子)」

世界に恋をする、ああこういうことか、私も幼い頃、きっとこうして世界に恋をしたのだろう。そのように思わせてくれる作品だった。主人公の定は20代の女性、編集者として働いている。一風変わった生育環境とその感性から、周囲の人々、 […]

続きを読む

読書感想文「グスコーブドリの伝記(宮沢賢治)」

人は誰かのために自分の命を犠牲にできるものだろうか?そんな事を考えてしまった。グスコーブドリは貧しい木こりの家に生れるが環境破壊を思わせる冷害に見舞われ食べる物も無くなってしまう。   父親はある日「森へ遊びに […]

続きを読む

読書感想文「BUTTER(柚木麻子)」

  お世辞にも、あまり綺麗とは言えないそこそこの年齢の女性が中年の後半や高齢の男性を騙してお金が自分の所に入ってくるようにする手口の事件や詐欺をたまにニュースで見かけることがあると思う。   そんなワ […]

続きを読む

読書感想文「メディアのリアル(吉田正樹、藤田晋、本広克[…]

『笑う犬の生活』シリーズ、『夢であえたら』などの番組を生みだした元フジテレビプロデューサー(現ワタナベエンターテインメント会長)の吉田正樹が、メディアの新しい時代をつくり出す先駆者たちとメディアの現状と未来について語った […]

続きを読む

読書感想文「貧しい国で女の子として生きるということ―開[…]

  女性として生きるということを改めて考えさせられる一冊。初めに、明るいピンクの服を着た黒人の女の子たちの笑顔の写真が目に入った。可愛らしい、明るい印象を感じ、この本を手に取った。   しかしその内容 […]

続きを読む

読書感想文「死にぞこないの青(乙一)」

  少しおとなしく、自分の意見が言えないこと、怖がりだということを除けば一般的な小学生のまさおが主人公のクラス内でのいじめをモチーフにした物語である。この、お話は現実にあり得ることでありそれが怖さをましているの […]

続きを読む

読書感想文「竜馬がゆく(司馬遼太郎)」

坂本竜馬の生涯を描いた有名な歴史小説であるが、全八巻というその壮大さから読書好きの私も今まで手に取らずに来ていた。ハードな仕事で体調を壊してしまい休職することになり、挑戦することにした。   そのような境遇で読 […]

続きを読む

読書感想文「鍵のない夢を見る(辻村深月)」

この本との出会いは、タイトルがなんとなく気になって、手に取ってみた。すると、普通に生活している人々が魔が差したように犯罪に手を染めてしまう怖さを含んだ物語の短編集だった。読み終えた時、鍵穴から見てはいけないものを除いてし […]

続きを読む

読書感想文「ごはんのことばかり100話とちょっと(よし[…]

食事というのは、ただ栄養を摂るだけの手段ではない。この作品を読むたびに、いつもしみじみとそんなことを思う。この本は、「キッチン」「TUGUMI」などの小説で知られる吉本ばななのグルメエッセイだ。タイトルのとおり、「ごはん […]

続きを読む

読書感想文「春になったら苺を摘みに(梨木香歩)」

「相手のあるがまま受け入れる」そんな、ウェスト夫人にとっての当たり前を見せつけられるエッセイ集。はじめは、ゆるゆると読んでいたのだが、どんどん彼女に惹きつけられていく私がいた。   彼女はどんな荒くれ者も、ひね […]

続きを読む

読書感想文「人のセックスを笑うな(山崎ナオコーラ)」

「人のセックスを笑うな」というタイトルが、一体どういう意味なのか、タイトルから内容が全く思い浮かばない所に、興味を惹かれて読み始めた。   専門学生の主人公みるめと、既婚の学校講師ユリの禁断の恋愛。読み始めは情 […]

続きを読む

読書感想文「蝉しぐれ(藤沢周平)」

幼馴染だった男女の切ない別れと再会を中心に、必殺剣を繰り出す主人公の生き方がぐっと来ました。一番心に残ったのは、父が責任を取って、切腹をしたときの父へかける言葉で「自分を生んで育ててくれてありがとうございました」と言えな […]

続きを読む

読書感想文「スクラップ・アンド・ビルド(羽田圭介)」

本書を読んで感じたことは、「今、この本が出版されている」事への衝撃である。「老害」という言葉がある。これは、国の財源を食いつぶす存在として、あるいは社会に迷惑をかける存在として、高齢者を「害」としてみなしている若者が作っ […]

続きを読む