感想ライブラリー

読書感想文「もものかんづめ(さくらももこ)」

どんなことでも個人の受け止め方にとってはこんなに楽しい出来事になる、私はこの本からそのようなことを学んだ。   この本はちびまる子ちゃんで有名なさくらももこのエッセイである。日常のほんの些細な疑問や出来事が作者 […]

続きを読む

読書感想文「安楽病棟(帚木蓬生)」

老いることは避けられないことだ。そして、超高齢化社会と言われる現在、介護は重要な問題だ。しかし、忘れてはいけないことは、認知症の患者であれ、生まれてからその人なりの個人史があることなのだ。この作品を読んで、最初に感じたの […]

続きを読む

読書感想文「ダイイング・アイ(東野圭吾)」

東野圭吾は情景や人の感情の記述が詳しく、物語にいつも引き込まれる。ただ、その内容は深刻なものであっても最後は救いのあることが多い。このダイイング・アイも無意識だろうかそのつもりで読んでいて、どこで常識的な記述が出てくるだ […]

続きを読む

読書感想文「方丈記(鴨長明)」

方丈記は無常を描く話とは知っていたが、まさかここまで無常を極めた作品だったとは知らなかった。何人もの人が朝顔の露のように死んでゆく。また大火事でなんとか命は助かったが、大事にしていた家や財産は姿を消し嘆き悲しむ。こんな人 […]

続きを読む

読書感想文「白ゆき姫殺人事件(湊かなえ)」

先入観を持って物事を見てしまう事の怖さを改めて感じる。この物語は、推理小説の定番である殺人事件をきっかけに始まっていく。そして、その事件の関係者やとりまく人間たちによる「証言」という形が人間の持つ本音を浮き彫りにしていく […]

続きを読む