感想ライブラリー

読書感想文「絹の変容(篠田節子)」

私は篠田節子さんの絹の変容を読んだ。この小説の舞台は東京の八王子である。主人公は絹を作る絹屋の息子。自分の実家を継ぐのを渋っていたが、もう30歳に近くなり妻子をもらい渋々実家を継ぐことになった。時代的に絹からポリエステル […]

続きを読む