感想ライブラリー

読書感想文「箱根の坂(司馬遼太郎)」

箱根の坂は、北条早雲の一代記である。北条早雲、作中では伊勢新九郎はが都から伊豆に向かい、やがて伊豆を切り取り、相模をうかがうまでの話である。北条早雲という人物、斎藤道三とともに下克上の体現した人物とされる。一介の素浪人か […]

続きを読む