感想ライブラリー

読書感想文「火の粉(雫井脩介)」

偽善者と一言で片づけられない異常な犯人武内を通して、じわじわと恐怖が近寄ってくる。犯人と呼ばれる人の影には、到底考えられない歪んだ時間が存在すると考えられるが、その歪みを持ってターゲットにされてしまった家族が自分を無罪に […]

続きを読む