感想ライブラリー

読書感想文「残像に口紅を(筒井康隆)」

この本は、いわゆる実験小説というジャンルの中に入る小説の一つである。「世界から一文字ずつ言葉が消えてゆく」というテーマで物語が進んでいく。初めは、「もしこの世界に「あ」という文字がなかったら」から始まり、小説のストーリー […]

続きを読む