感想ライブラリー

読書感想文「横道世之介(吉田修一)」

この小説をすべてを読み終えた時、心に溜めていた涙が堰を切って溢れ出てきたことに自分でも驚いた。こういう小説は初めてだ。そしてその涙の成分が、そこそこ複雑な思いから出来上がっていることも以外だった。主人公の横道世之介が私と […]

続きを読む