感想ライブラリー

読書感想文「怒り(吉田修一)」

映画化されるということで作品を知ったが、あらすじが面白そうだっので映画公開まで待ちきれず、原作小説を読んでみた。この『怒り』という小説を読んで一番感じたのは、『人を信じれるか信じれないか』ということ。そこの表現がとても深 […]

続きを読む