感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「きみ去りしのち(重松清)」

  人は皆、この世に生を受けた時から終わりが来る事を知っている。しかし、その事実に直面している訳ではなく、おぼろげに理解しているに過ぎない。人生を全うして終えられる人もいれば、あまりにも早すぎる人もいるのだ。 […]

続きを読む

読書感想文「ナイフ(重松清)」

私は重松清さんの大ファンで、重松さんの本はたくさん読んでいる。重松作品の中でも、読んでいて心が痛くなるような話(最後はハッピーエンド)が好きで、好んで読んでいる。この「ナイフ」という小説は、「イジメ」が題材の5つの短編の […]

続きを読む

読書感想文「舞姫通信(重松清)」

「僕達は生きてなくちゃいけないんですか?自殺をするのはよくないことなんですか?」自殺志願者である、城真吾が周りの人間に、読者に、そして私のほうを見つめながら問いかけてくる。なんと答えたら良いのか、そもそも答えられるものな […]

続きを読む

読書感想文「半パン・デイズ(重松清)」

まだ、そんなに何年も経っていない小学生時代。僕は、どんな少年だった? 知らない間に主人公ヒロシの年齢と、そのときのエピソード、無意識に感じていた当時の感情が蘇り引き込まれていく「半パン・デイズ」。   僕の好き […]

続きを読む

読書感想文「ポニーテール(重松清)」

再婚でできた姉とおそろいのポニーテールにどうしてもしたくて、癖っ毛ながらも頑張って伸ばして目指した髪型がタイトルになっているのだが、このタイトルに筆者と主人公の少女の想いのすべてが残っている様な気がした。   […]

続きを読む

読書感想文「ブルーベリー(重松清)」

若いときの自分のことって覚えているようで覚えていないものなのだな、と感じた。未熟でうまくできていなかったこと、若気の至りとかそんな言葉でうまく記憶に閉じ込めてしまっていたこと。若いうちに失敗を重ねた方が役に立つ、それを思 […]

続きを読む

読書感想文「ビタミンF(重松清)」

心が癒される、その一言につきる本だ。とりとめのない日常、どこにでもあるごくありふれた家庭、すこしばかり問題を抱えているが、決して珍しくはない家庭の父親が描かれているだけの短編小説の集まりなのに、なぜこんなに癒されるのか。 […]

続きを読む

読書感想文「トワイライト(重松清)」

「幸せですか?」そう聞かれて「はい、幸せです。」と答える人がどのくらいいるだろう?とくに中年期の男女にとっては、苦笑いしてしまうような質問だろう。たとえ、結婚して子宝に恵まれて、仕事も上手くいって金銭的に不自由ない…優雅 […]

続きを読む

読書感想文「流星ワゴン(重松清)」

この本は人生に自暴自棄になっていた主人公が、交通事故で亡くなった父子に遭遇し、ひょんなことからワゴン車で共に旅をしていく中でこれまでの人生を考え直していく物語である。私も常々、人生をやり直せたら、あの時違う選択をしていた […]

続きを読む

読書感想文「ステップ(重松清)」

この本との出会いは新聞の新刊案内だった。その時は『ふぅん』程度にしか思わずにいたが、それから数日後別の用事で書店に行った時に平積みされたこの本に目が行った。何か吸い寄せられるように購入して早速読み出したら止まらなくなった […]

続きを読む

読書感想文「口笛吹いて(重松清)」

子供時代に周りにいた、そして今はどうしているのかわからないそんな子供達を思い出した。その頃の自分は気が弱く、自分の意見もろくに言えずなんとなく周りに合わせるような子供であった。そのおかげで特に仲間外れになることもなく、で […]

続きを読む

読書感想文「その日のまえに(重松清)」

この本との出会いは女優の桐谷美玲がおすすめしていたから読んでみたかった、というただ単純なものだった。「その日」と言われて思い浮かぶのはなんだろうか。友人や恋人と過ごす日、家族や大切な人の誕生日など様々あると思うが、この本 […]

続きを読む