感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「トカトントン(太宰治)」

「拝啓。一つだけ教えて下さい。困っているのです。」という、冒頭の三文だけでこの作品はきっとおもしろいと直感が働いた。安易かもしれないが、実際に私は20分ほどでこの作品をいっきに読んでしまったのである。先が気になる、という […]

続きを読む

読書感想文「太宰治全集〈1〉(太宰治)」

「苦悩」の時期に書かれたこの作品は私が初めて太宰治に触れた作品でした。この作品は短編集ですが、その中で一番最初に読んだのが、最後の「狂言の神」です。それまで太宰治の作品に一度も触れなかった私は勝手に「どうせ暗くてしんどい […]

続きを読む

読書感想文「秋風記(太宰治)」

私はたまに、何かがうまくいかなくなると、何もかも全て嫌になってしまい、全てを投げ出してどこかへ逃げてしまいたくなる。この作品はそんな気持ちによく似ている。作家の主人公と、二つ年上の女性「K」。二人は幼い頃から家族同然で、 […]

続きを読む

読書感想文「人間失格(太宰治)」

私はうだつのあがらない人間であった。学生時代も、社会人になっても、人となじむ事ができず、どうしても孤立する人間だった。その為、事あるごとに「死んでやろう」と考える暗い人間である。あまり本を読むのは好きではないが、自殺未遂 […]

続きを読む

読書感想文「斜陽(太宰治)」

この作品には四人のメインキャラクターが出てくるのだが私はどのキャラクターも自分の正義を貫いていて素晴らしいと思った。見ていて苦しくなる部分もあるのだが、それぞれがそれぞれに愛を持ち、生き抜いている姿はやはりまぶしいという […]

続きを読む

読書感想文「富獄百景(太宰治)」

私はこの作品を初めて読んだのだが、とても感情移入しやすい作品だと思った。太宰というと少しマイナスの感情が作品の中でぶつけられているイメージもあるがこの作品は日本で有名な富士山が生活をしていくなかで太宰の中で変化していく過 […]

続きを読む

読書感想文「走れメロス(太宰治)」

走れメロスは学生時代に授業で読んだ太宰治の有名な作品である。私は、恥ずかしい話だが、この走れメロスは外国の文学作品だと中学3年生まで思っていた。というのも、今までの文学と違い主人公の名前が「メロス」という外国の人の名前だ […]

続きを読む