感想ライブラリー

読書感想文「平成くん、さようなら(古市憲寿)」

安楽死を決めた青年、平成くんの物語で、恋人の愛ちゃんの視点から描かれている。サクサク読み進めることができてしまうが、なんだか希薄さを感じた。安楽死をこんなに軽いイメージで描いてよいのか疑問である。また、安楽死の理由は、最 […]

続きを読む

読書感想文「口笛の上手な白雪姫(小川洋子)」

文芸雑誌に掲載された8つの短編が収められている。どの話もそれほど時間をかけず読めたが、読み終えると完璧にできたある一つの世界から帰ってきたと言う感覚に陥った。どの作品も日常の何気ない出来事を取り上げているけれど、主人公の […]

続きを読む

読書感想文「82年生まれ、キム・ジヨン(チョ・ナムジュ[…]

韓国で2016年に発表され、女性の共感を呼んで大ヒットとなった作品の日本語訳版を読んだ。主人公キム・ジヨンというごく普通の女性のこれまでの人生の中で、彼女が感じ体感した女性ということの不公平感や差別が淡々と綴られている。 […]

続きを読む

読書感想文「金閣寺(三島由紀夫)」

この小説には吃音と内飜足というコンプレックスをそれぞれ抱えた二人の青年が登場する。「青春時代が夢なんて後からほのぼの思うもの。青春時代の真ん中は胸に棘刺すことばかり」という歌の歌詞があるようによほど家庭や容姿に恵まれない […]

続きを読む

読書感想文「物語のおわり(湊かなえ)」

湊かなえさんの作品は読んだ後にまるで心臓を直接つかまれるかのような読後感を味わうものが多いけれど、この作品に関しては読んだ後の感じ方がほかの作品とはちょっと異なっていた。まずもって、主人公がまるでリレー形式の様な感じで物 […]

続きを読む

読書感想文「ご主人様と呼ばせてください(サタミシュウ)[…]

本作は、サタミシュウ先生の、SM青春小説の第二弾だ。前作「私の奴隷になりなさい」と繋がっているが、単体でも楽しめる。そして私は、前作「私の〜」よりも、こちらのほうが好きだと思った。その理由は、主人公格の一人「私=瀬尾」が […]

続きを読む

読書感想文「ニシノユキヒコの恋と冒険(川上弘美)」

第1章目で主人公と思しき「ニシノさん」はどうやら死んでいて、幽霊になって女性に会いに来るという話だったので、ファンタジー作品かと思った。しかし読み進めるうちに違うことが分かった。これは西野幸彦という一人の男の生涯を、時系 […]

続きを読む

読書感想文「十角館の殺人(綾辻行人)」

叙述トリック作品であると聞いてはいたものの、いわゆるどんでん返しにあたる一文を読んで本当に驚愕した。登場人物は日本人ばかりだが、お互いを海外の有名なミステリ作家の名前で呼び合っており、はじめのうちはなかなか名前を覚えられ […]

続きを読む

読書感想文「湘南人肉医(大石圭)」

一言、カニバリズム嗜好のわたしには最高の作品である。とにかく主人公の残忍な殺害描写と人肉描写が鮮烈で異彩を放っている。美容整形の外科医をしている主人公の小鳥田は数多くの女性達を美しく変身させる凄腕の持ち主だ。しかし見た目 […]

続きを読む

読書感想文「革命前夜(須賀しのぶ)」

この本を読むまで、私は「革命」という言葉の本当の強さ・重さを理解していなかったように思う。ベルリンの壁の崩壊は私の中では歴史上の出来事のひとつであり、紛れもなく「過去」のものだったが、壁のあった時代の社会の窮屈さや澱んだ […]

続きを読む