感想ライブラリー

読書感想文「殺人鬼(綾辻行人)」

何か怖いホラーが読みたいと思いネットを検索してこの本の存在を知った。事前の情報ではかなりグロいスプラッターホラーとのことだったが、綾辻さんてグロいの書くんだというのが最初の感想だった。読んでみると確かにグロかった。作品の […]

続きを読む

読書感想文「スマホを落としただけなのに(志駕晃)」

映画が話題となっていたので、気になり読んでみたことがきっかけだ。映画は観ていないので、どういう物語なのかは本の背表紙に書かれているあらすじしか知らなかった。読んでみて、SNSに対する認識を改めなければいけないなと考えさせ […]

続きを読む

読書感想文「まつらひ(村山由佳)」

子どもの頃から、祭というものは身近にあって、当たり前のように毎年恒例のイベントとして参加してきた。だが、一度その土地を離れてみると、地域の文化が色濃く反映される「祭」が、その土地のその季節でしか生まれ得ないものだったとい […]

続きを読む

読書感想文「ジャン・クリストフ(ロマン・ロラン)」

この小説はベートーベンをモデルにしていると言われているが、ロマンロランはそう思ってほしくないと語っている。ロマンロランはノーベル賞受賞作家でもある。岩波文庫全4巻あるが、どれも500ページを超えていて、しかも表現が難しく […]

続きを読む

読書感想文「ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)」

名画が関わっている推理小説で、最初に読んだのがこの『ダ・ヴィンチ・コード』だ。しかし、本書で取り上げられているダ・ヴィンチの絵は、いわゆる観賞用の作品とは言いがたいようだ。文庫本に綴じ込まれている作品の写真を見て、最初に […]

続きを読む

読書感想文「沈黙のWebライティング —Webマーケッ[…]

最近、この本(沈黙のWEB ライティング)をインターネットのお薦め書籍から見つけ読んでみた。読もうと思ったきっかけは、ライティングスキル向上のためである。当初、本が届いたとき、本の分厚さに驚愕した。とにかく分厚い!ページ […]

続きを読む

読書感想文「ぼぎわんが、来る(澤村伊智)」

この作品は映画化もされて、ホラーとして非常に話題性のある作品である。話の大筋の内容としては、田原秀樹と言うごく普通の会社員が突然、ぼぎわんと呼ばれるある地域の化け物に大人になってから襲われ、順調に進んでいたはずの人生が少 […]

続きを読む

読書感想文「湖水祭(平岩弓枝)」

時代モノはもちろん、現代モノにも傑作が多い、平岩弓枝先生の小説だ。現代モノとは言え、書かれたのは今から数十年前。携帯電話やインターネットが無いのはもちろん、登場人物が公衆電話を使っていたり、JRを「国電」と呼んでいたり、 […]

続きを読む

読書感想文「最後の医者は桜を見上げて君を想う(二宮敦人[…]

生と死がテーマになっている本なので、読んでいて、胸が締め付けられるように苦しくもなる。総合病院を舞台にし、それぞれ全く違うタイプの医者3人(桐子・福原・音山)の、死が身近に迫った患者たちとのやり取りが、とてもリアルで、考 […]

続きを読む

読書感想文「自負と偏見(ジェイン・オースティン)」

とにかく出だしのベネット夫妻の会話が最高だ。当時、上流階級に位置する女性が生きる術は結婚だという前提は知ってはいたが、女性ばかりの5姉妹と読んで谷崎潤一郎「細雪」の4姉妹が想起された。あの本は姉妹の婚活がストーリーの大筋 […]

続きを読む