感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「徳川家康(山岡荘八)」

本書は徳川家康の歩みを軸に、戦国時代末期の様々な人間模様が描かれている。 主人公である家康が、我を抑えて乱世を鎮めることにひたむきに心を砕いていく一方、周囲の野心家たちは次々と軽挙な行いをふるまっていく。   […]

続きを読む

読書感想文「蜜蜂(マヤ・ルンデ)」

私が蜜蜂の大量失踪が起こっていると聞いたのは、もう10年以上前のことだ。養蜂家の仕事のメインがハチミツを集めることではなく、農家に蜜蜂をレンタルすることだとも初めて知った。蜜蜂は巣箱から一定の範囲で活動する。巣箱を果樹園 […]

続きを読む

読書感想文「月と六ペンス(サマセット・モーム)」

モームが若かりし頃に出会った画家ゴーギャンから着想を得て書いた小説とのことで、どうしてもゴーギャンの絵を頭に思い浮かべながら読んでしまう。どこまでが史実に基づいていてどこからが創作なのか。しかし小説である以上は題材のヒン […]

続きを読む

読書感想文「復活(トルストイ)」

主人公青年は、かつての自分の自堕落な行為によって裁判にかけられるヒロインを偶然にも目にすることとなる。彼女を犯罪に巻き込まれるような立場においやったのはかつての自分の愚かな行いが元と知った主人公は、彼女への贖罪と自らの堕 […]

続きを読む

読書感想文「黒い家(貴志祐介)」

ホラー系の作品として有名だったので最近読んだ。序盤のあらすじとしては、保険会社に勤めている若槻という主人公の元に、菰田重徳という男がやってくる。そして、彼と詳しい話をするために、若槻が菰田家へ訪れると、そこには菰田家の子 […]

続きを読む

読書感想文「あまねく神竜住まう国(荻原規子)」

荻原規子さんの作品はとても好きで、昔から何度と読んでいます。特に好きな作品は勾玉シリーズと呼ばれる三部作です。日本がまだ神と人間の境があまりなかったころの話です。日本が舞台の古代ファンタジーはあまり見かけないので、ファン […]

続きを読む

読書感想文「どうしてあんな女に私が(花房観音)」

書店の文庫新刊コーナーでふと見かけ、キャッチーなタイトルと表紙の雰囲気が面白そうだなぁと感じて購入した。著者になじみがなかったので調べてみたら、なんと女性の官能小説家で、そう思ってタイトルを見てみると、なんだかヘヴィでド […]

続きを読む

読書感想文「ドールハウスの人々(二宮敦人)」

球体人形作家で大学生のソウスケと、その彼女ヒヨリが非現実的な事件に巻き込まれていくホラー系小説である。ソウスケは若くして球体人形を作ることに長けており、天才的だと称されている。ヒヨリも彼を応援している恋人なのだが、彼女を […]

続きを読む

読書感想文「溺レる(川上弘美)」

2002年に発売された川上弘美著の短編集です。表題作の「溺レる」を始めとして、どこか浮世離れした、そしてあやしい男女関係を描き出した短編8編が収録されています。表題作の「溺レる」では、中年男女がアイヨクに溺れ、逃避行を続 […]

続きを読む

読書感想文「下町ロケット ゴースト(池井戸潤)」

『下町ロケット ゴースト』は、10月スタートのドラマ「下町ロケット」の前半の原作本である。この作品は、次の『下町ロケット ヤタガラス』の導入という色彩が強いと感じる。なぜなら、読後に池井戸潤作品らしい爽快感が得られないか […]

続きを読む

読書感想文「息がとまるほど(唯川恵)」

タイトル通りこの小説を読んでいると「息がとまるほど」息苦しさを感じる。ただそれは読んでいる事が不快なわけでは決してなく、自分自身がシチュエーションは違えどこの小説に出てく女達と重なる部分があるからだ。この恋愛小説は単に恋 […]

続きを読む

読書感想文「屋上のウインドノーツ(額賀澪)」

私はこの作品に登場する主人公の友人「瑠璃ちゃん」の言動に心奪われ、少し傷つき、そして救われもした。瑠璃ちゃんの言動はまるで私の子供時代のようだからだ。友達を作ることが苦手な主人公のためにことあるごとに世話をやく瑠璃ちゃん […]

続きを読む

読書感想文「か「」く「」し「」ご「」と「 (住野よる)[…]

京、ミッキー、ヅカ、エル、パラみんなに何らかの方法で人の心の中を読み取る能力があるが、実はこれは思春期の妄想ではないかと感じた。実際に人の心を読み取ることなどできない。しかし思春期特有の妄想で、自分には特別な力があるとい […]

続きを読む

読書感想文「象の消滅(村上春樹)」

TVピープルについて村上春樹著の象の消滅という短編集を久しぶりに再読した。象の消滅という小説はなにゆえともなく外国のイメージが強い。いないのは俺たちだけという歌詞のヒットソングがあるが丁度そんな感じだ。外国でも本は平積み […]

続きを読む

読書感想文「ホワイトラビット(伊坂幸太郎)」

伊坂幸太郎の他の小説に出てくる空き巣の黒澤さんが重要なキーマンとして登場。相変わらずのクールぶりである。この黒澤さんの件だけでも伊坂シリーズを読んできたファンにはクスリとさせられてしまう。物語は、仙台市内の住宅地。母親と […]

続きを読む

読書感想文「レイクサイド(東野圭吾)」

レイクサイドは東野圭吾の作品の割にはページ数が少ないほうだ。レイクサイドの内容は中学受験を迎えた親子5組が別荘で勉強会をしている中、殺人事件が起こるという話である。読んでいて思った事は、まず中学受験の為に勉強会をやるとい […]

続きを読む

読書感想文「世界の中心で、愛をさけぶ(片山恭一)」

「ずっと考えているんだ。なぜ人間はあの世とか、天国とかいったものを考え出したのかって」「なぜだと思う?」「好きな人が死んだからだよ」300万部突破のベストセラーであり、映画化/ドラマ化もされている「世界の中心で、愛をさけ […]

続きを読む