感想ライブラリー

読書感想文「幻想古書店で珈琲を(蒼月海里)」

読んだ後に、古本屋に行きたくなった。設定も身近で、だけど、どこか少しファンタジーで、世界観にすぐに引き込まれた。縁を無くしかけた人が訪れる古書店というコンセプトも良かった。古書店に訪れる人に共感するということは、あまりで […]

続きを読む

読書感想文「てるてる坊主の照子さん(なかにし礼)」

この本は母の照子と父の春男の間に生まれた4姉妹の成長が描かれた、高度経済成長期の大阪が舞台の作品である。私は平成生まれなので、昭和時代のことを直接知っているわけではないが、一家の住む大阪の街の情景や、年々豊かになっていく […]

続きを読む

読書感想文「たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に[…]

この小説は、ミステリー小説だ。小説の宣伝文章にも「純愛ミステリー小説」と記載がされているが、第一章を読んでいる時には、「これは単なる恋愛小説なのでは?」と思った。しかし第二章に入り物語の語り手となる人物が変わってからは、 […]

続きを読む

読書感想文「乳と卵(らん)(川上未映子)」

母親との葛藤や思春期のひりつくような痛みを、私はこの本を読んで鮮明に思い出した。女の子から女性へと成長していく過程で起こる身体の変化や、これから起こりうる男性との交わりなどを想像してしまうこと。母親がそれをしたことによっ […]

続きを読む

読書感想文「林檎の樹(ゴールズワージー)」

まず印象的だったのが、抒情的で美しい文章表現だ。タイトルにもなっている林檎の樹を始め、様々な植物や自然の情景が印象的な筆致で描き出されていて、色彩豊かな情景が目の前に浮かんでくるようだった。同時に、それが人物の心情も間接 […]

続きを読む

読書感想文「理由(宮部みゆき)」

宮部みゆきの「理由」を読んだ。人間の一つ一つの行動には全て理由があり、推理小説においては特に重要な部分だと思っている。実際にニュースで事件が報じられると、人々がその理由を知りたがるだろう。私はこのシンプルなタイトルに惹か […]

続きを読む

読書感想文「毎年、記憶を失う彼女の救いかた(望月拓海)[…]

事故のショックで毎年1年しか記憶がもたず、事故が起こり両親が他界してしまった時期が近付くと、その悲しみから事故の直前まで記憶が戻ってしまう主人公の前に、突然謎の男が声をかけてくる。「一か月デートして、僕の正体が分かったら […]

続きを読む

読書感想文「中国行きのスロウ・ボート(村上春樹)」

一時期、狂ったように村上春樹の文章にハマった。エッセイ、小説、対談、手に入れられるものはあらかた手に入れて読んだ。喉が乾いてがぶ飲みする水みたいにスルスルと村上春樹の世界は私の頭の中に入っていった。それは自分では考え付か […]

続きを読む

読書感想文「コンタクト・ゾーン(篠田節子)」

上下巻にわたる長編を、一気に読み終えた。文庫本で読んだのだが、まずこの本に惹かれた理由は表紙である。本屋でちらっと見かけてすぐに、「見たことがある!」と釘付けになった。なぜなら、現在私が日本としょっちゅう往復している、イ […]

続きを読む

読書感想文「三陸海岸大津波(吉村昭)」

この作家の作品は非常に多く読んでいる。この作品は、その中でも非常にインパクトのある作品だった。その理由は、東日本大震災のあったときに、目にしたからである。筆致は非常に冷徹に真実に触れるタッチとなっている。しかし、その中に […]

続きを読む