感想ライブラリー

読書感想文「クロスファイア(宮部みゆき)」

炎を操る超能力者の女性が法で裁かれない犯罪者を焼き殺していくミステリーである。法によって裁かれない犯罪者を見つけて、自らの能力で殺して行く主人公、青木順子と、論理的に説明のつかない炎の力を調べていこうとする石津、牧原刑事 […]

続きを読む

読書感想文「多動力(堀江貴文)」

堀江貴文、ホリエモンといったほうが世間ではわかりやすいかもしれない。彼は毎年沢山の本を出版する。実際に彼が書いているのかは不明であり、ラインのやり取り等を編集した本さえある。とはいえ時代を先取りする感覚に優れた実業家であ […]

続きを読む

読書感想文「ちいさなことにイライラしなくなる本(大嶋信[…]

私がこの本を読んで率直な意見を言うと、実際に日常生活でイライラすることが減った。読む前は些細なことでイライラしていたが読んだ後は心の持ち方が変わり些細なことではイライラしなくなった。しかし明らかに自分に向けられた悪意や本 […]

続きを読む

読書感想文「エミリー先生(ミス・リード)」

本書は最初の一文で引き込まれた。金色の空の下を連れ立って歩くエミリー・デーヴィスとドリー・クレアの2人が金色の空の下を連れ立って散策する姿から始まるのである。時々道端の真っ赤な野ばらの実を見たりスイカズラの枝を手折るため […]

続きを読む

読書感想文「一生お金に困らない生き方(心屋仁之助)」

いつものように時間つぶしに本屋に出向き、ふと目に入ったこの一冊。なぜかいつもタイトルに惹かれれば心屋仁之助さんの本である事が多い。心理学者でもある心屋さんは、やはり読者のイマジネーションを一目で刺激する方法を知り得ている […]

続きを読む

読書感想文「堂々と逃げる技術(中島輝)」

冒頭に書かれているように、一般的にはネガティブワードであるように思える「逃げる」という行為について、細かく実践的に書かれていて、「上手くいかなくてもいざとなったら逃げれば、大丈夫かも」という、セイフティゾーンを用意しても […]

続きを読む

読書感想文「紫大納言(坂口安吾)」

欲望をも超越する純真がある。大納言の欲にまみれた生き方は、ある意味とても人間らしく、汚らしく、醜い。人を騙してまで自分の欲、性的な欲であり女性を手に入れると言う物欲、を達成する自分をなんら恥じてなどいないあたりが、大納言 […]

続きを読む

読書感想文「水滸伝(北方謙三)」

全19巻に及ぶ作品であったが、少しの「飽き」も感じず、読了した。現代に生きている一人の男、一人の人間として、心の奥底で、意識せずとも渦巻いていた一つの疑問が解決したと感じた。それは、呼吸をし、食をとり、睡眠し、仕事をする […]

続きを読む

読書感想文「レイモンド・カーヴァー - 作家としての人[…]

長きに渡るアルコール依存、家族との軋轢の中でも書く事をやめない。その生きざまに胸を打たれた。本書はアメリカの作家レイモンド・カーヴァーの評伝である。私はカーヴァーの小説を読んできたので本書を手にした。読んでみて、その小説 […]

続きを読む

読書感想文「君主論(ニッコロ・マキアヴェリ)」

15世紀のフィレンツェの外交官であるマキャベリは「支配」についてとても分かりやすく教えてくれます。この著書はニクソン元大統領など政治的リーダーは勿論のことアメリカの人気ラッパー50セントにも大きな影響を与えマキャベリに関 […]

続きを読む