感想ライブラリー

読書感想文「青空のむこう(アレックス・シアラー)」

死ぬこととは、生きることとはどういうことなのか、改めて考えさせられる物語だ。交通事故で突然死んでしまった少年、ハリーが主人公の物語。物語はいわゆる死後の世界からスタートする。死後の世界には「現在地」と「彼方の青い世界」が […]

続きを読む

読書感想文「愛の国(中山可穂)」

中山可穂の最大の特徴でもある女性同士の恋愛小説だが、この作品は舞台が同性愛が迫害されるファシスト国家になってしまった日本である。前作『天使の骨』にて運命的な出会いを果たした王寺ミチルと稲葉久美子。演劇と恋愛という二つの絆 […]

続きを読む

読書感想文「語彙力こそが教養である(齋藤孝)」

語彙力というワードをお聞きになったことがあるだろうか?語彙とは言い換えれば言葉のことで、語彙力とはどれだけの言葉を知っていて、且つ使いこなせるかということである。私がこの本を読んだきっかけは、自分の文章作成能力の低さをな […]

続きを読む

読書感想文「世界の権力者が寵愛した銀行 タックスヘイブ[…]

この本はイタリアとフランスの二重国籍を持ち、自身もタックスヘイブンで育った著者がスイスのプライベートバンクから膨大な数の脱税の記録を盗み、それを各国の当局に提供したノンフィクションです。私が知らないところでこのような熱い […]

続きを読む

読書感想文「こんなにも優しい、世界の終わりかた(市川拓[…]

「ぼくらは誰かを殴るための拳を持って生まれてはこなかった。この手は、大事なひとの背中をさすったり、美味しいものを食べたり、美しいものをつくったりするためにある。」この主人公の言葉が心に刺さった。私は小さい頃、周りから「優 […]

続きを読む

読書感想文「君にはもうそんなことをしている時間は残され[…]

自分が如何にダラダラと時間を無駄にして過ごしてきたか痛感させられた。一秒・一分・一時間・一日・一ヶ月・一年 そして一生。時間に対してルーズに生きてきた私に「渇」を入れられた気分だ。本書のようにいつもスパッと割り切って生き […]

続きを読む

読書感想文「少女はセックスをどこで学ぶのか(宋美玄)」

赤色を基調としたカバーデザイン、刺激的なタイトル‐この2つの要素だけでも、「本書を手に取って、真剣に熟読してみよう」、という読者層だけではなく、「へえ、そういえばよく知らないな。一度中身を読んでみるか」といったような、い […]

続きを読む

読書感想文「発達障害の自分の育て方(岩本友規)」

私には「あれもできない」「これもできない」「自分はなんてダメなんだ!」と、自暴自棄になっていた会社員時代がある。人に話しかけることができず、職場にうまく馴染めなかったり、求めらていることが分からず、簡単な書類すらまともに […]

続きを読む

読書感想文「悪母(春口裕子)」

子供の親になった母親だったら、少しは体験のある、母親同士の嫉妬やねたみ、やっかみという母親の黒い感情の部分が包み隠さずかかれている小説だと思います。子供の親なのに、いじめや無視といった子供じみたことが繰り広げられたりしま […]

続きを読む

読書感想文「朝が来る(辻村深月)」

もし、あなたに子どもができなかったら?もし、中学生なのに子どもができてしまったら?もし、我が子として育てている子どもの実の親が子どもを返してほしいと申し出てきたら?どの立場も人によっては身近に感じるかもしれないし、全く身 […]

続きを読む