感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「「20代」でやっておきたいこと(川北義則)[…]

「失敗しない者は、ついに何事もし得ない」   二十代にたくさん失敗することは、失敗の本質を知ることにつながる。そうすれば、いくつになっても粘り強く行動するクセがつく。私がこの本を読んでとても印象に残っている言葉 […]

続きを読む

読書感想文「大きな音が聞こえるか(坂木司)」

この本に出会った時は、このインパクトのあるタイトルから、何が起こるのか気になって手に取った。そして、読破して感じたことは、主人公の高校永の行動力に感心してしまい、自分の事のようにわくわくして若いっていいなぁ、若いってずる […]

続きを読む

読書感想文「『罪と罰』を読まない(岸本佐知子、三浦しを[…]

文豪ドストエフスキーの世界的名作『罪と罰』を読んだことのない4人が集まって、ストーリーを予測しながら考察して行くという奇妙な試みの座談会。その様子が会話形式で記録されている。まずこのアイディアが大変ユニークでおもしろい。 […]

続きを読む

読書感想文「暗いところで待ち合わせ(乙一)」

私がおすすめするのは「乙一」の「暗いところで待ち合わせ」だ。駅のホームで殺人事件が起き、それに巻き込まれるアキヒロ。彼はその事件の容疑者として追われるようになります。そして、逃げ込んだ先は、ミチルという女性の家。彼と彼女 […]

続きを読む

読書感想文「左京区七夕通東入ル(瀧羽麻子)」

何も考えずにサラッと読める、というと悪口のように聞こえてしまうかもしれないが、本当にサラッと読める。女性作家の書く恋愛小説というと、どうしてもドロドロ、ジメジメした湿っぽい作品が多くなるが、この物語は恋愛なのに全然ドロド […]

続きを読む

読書感想文「ぼくらの哲学(青山繁晴)」

私はこれまで歴史とか、経済や世界情勢など、自分自身の事以外はいろんなことに無頓着でした。学生のときは学校の授業がおもしろくなかったので、テストのためだけに暗記をしてもその場限りで忘れてしまうという日々が続いて大人になって […]

続きを読む

読書感想文「エンジェルフライト 国際霊柩送還士(佐々涼[…]

この本をしおりを入れることなく夢中で読み終えて、しばらくは感情が追いつかなかったが、今はただただ尊敬と感謝の思いでいっぱいだ。自分はまだ幸いお世話になったことがないが、この尊い仕事をしてくれているエアハースの方達に、上辺 […]

続きを読む

読書感想文「チョコレート・コンフュージョン(星奏なつめ[…]

読み終わって何よりもはじめに、私は主人公たちが幸せに包まれながら物語を終えられたところにきゅんとした。この作品は男の私が読んでもドキドキとしてしまうような作品となっている。主人公の男性は生まれついての強面のせいで女性だけ […]

続きを読む

読書感想文「車輪の下 (ヘルマン・ヘッセ)」

車輪の下と聞いて思い浮かべるものはなにか?わたしは真っ先に駅のホームから飛び込んで轢死してしまったイメージが浮かぶ。生暖かい血が止まること無く冷たい車輪の下を染めていくそんな光景が見えてくる。もちろんこの作品はそんな血な […]

続きを読む

読書感想文「そして生活はつづく(星野源)」

著者、初のエッセイ集。星野源の全てがわかると言っても過言ではない。ドラマや舞台、文筆業、そして音楽家として何足ものわらじを履いて、突っ走る星野源。だが、一時は仕事のしすぎから過労で倒れ、休養を余儀なくされた。その経験をも […]

続きを読む

読書感想文「精霊の守り人(上橋菜穂子)」

ドラマ化され、話題になっている『精霊の守り人』を読了した。まずはその世界観が素晴らしい。完全なるフィクションであることはわかっているのに、かつてこの世界のどこかに本当にこんな国があって、本当にこの物語に出てきた登場人物た […]

続きを読む

読書感想文「チョコレートコスモス(恩田陸)」

『チョコレートコスモス』、私にとって久しぶりの超長編小説となった。また久しぶりの恩田陸作品でもあった。それは文庫で500ページを超えるものを読んだことがあったけなと振り返った時に思うくらいに。書店で手にとった時はあまりの […]

続きを読む

読書感想文「ナイフ(重松清)」

私は重松清さんの大ファンで、重松さんの本はたくさん読んでいる。重松作品の中でも、読んでいて心が痛くなるような話(最後はハッピーエンド)が好きで、好んで読んでいる。この「ナイフ」という小説は、「イジメ」が題材の5つの短編の […]

続きを読む

読書感想文「きことわ(朝吹真理子)」

体験した瞬間に出来事は過去になり、体験によって生じた感情も同時に過去へと流されていく。それらは脳の片隅にありつつも、多くは脳のダストボックスへと送られ、再び浮かび上がることなく過去として廃棄されていく。人間にとって自然な […]

続きを読む

読書感想文「首都直下地震“震度7”(柘植久慶)」

  この本を読んで、地震の怖さと言うものを嫌と言うほど味わった。東京に震度7強の地震があるという設定だったたが、書かれ方がとてもリアリティに富んでおり、実際に地震があったのではないかと思ってしまった。いろんな登 […]

続きを読む

読書感想文「潮騒(三島由紀夫)」

三島由紀夫の作品には小説、戯曲、評論、あるいは映画など様々なものがある。そのうちのどれがいいかとなると、余りに作品が多すぎて甲論乙駁だろう。私自身が読んだ限りでは、小説に関してはそのきらびやかな文章が鼻について、素直に好 […]

続きを読む