読書感想文「夢幻花(東野圭吾)」

この書籍の表紙イラストの鮮やかさに目を奪われた。次に本の帯に書かれていた「黄色いアサガオだけは追いかけるな。」「黄色いアサガオには手を出すな。」のキャッチコピーに惹かれてしまい手に取った。ふと思い出した事に、昔父もアサガオを育てていたのだが、アサガオの花って黄色い花はあっただろうか。確か私の記憶では、赤系、青系、白花だったと思う。
 
そこで、ミステリー作家の描く物なので、今回は植物をテーマにした謎ってどんなストーリーになるのかとても興味を持って読み始めた。すると、ここに登場する人達は本当に関係性があるのかと疑問に思うほど登場人物が多くて、複雑なストーリーにビックリした。
 
しかし、複雑に絡み合ったそれぞれの事情が明らかになった時、今まで一握りの人間で守ってきた家族の悲しい過去と向き合う事になり、心に何か重い物が残る作品であると感じた。それから、黄色いアサガオの秘密を知って、人の欲深さと正義感・迷いなど人の心の強さに気付かされた。
 
しかもまさか50年前の通り魔殺人事件がきっかけとなり、今回の梨乃の祖父の殺人事件の謎が解けるとは、本当に人の欲とは限りの無いものなのだと思い知らされた。そして、改めて麻薬作用のある物に対しての怖さも感じた。ライブハウスオーナーの工藤の勧めで、安易な気持ちで使用してしまった結果、素晴らしい曲ができてしまい、さらに深みにハマってしまった梨乃の従兄の尚人。
 
この黄色いアサガオの種によって麻薬作用がある事知り、思い悩み自殺してしまうなんて気の毒である。さらに、蒲生家・伊庭家のように、黄色いアサガオの根絶を3代に渡って目指す執念の行動にも感激してしまった。この物語を通して、もっと麻薬効果のある物の危険性の警鐘を上手く鳴らせられたらいいのにと感じた。
 
他にも主人公の蒲生蒼太が、原子力工学を学んでいるのに、原子力関係の道に進むかどうかとの迷いにも身につまされる思いがした。確かに、東日本大震災を経験していなければ、原発の安全神話は崩れる事は無かったのかもしれない。だか、現実に原発事故は起こってしまった。
 
実際あの映像を見て、今後どうなっていくのかさえわからなかったのだから、主人公でなくとも迷うのも仕方が無いと思う。尚人は、複雑な家庭環境にありながらも、しっかりと自分の将来を考えていく姿に、この物語に少しでも明るさを見出す事ができた気がした。とにかく、すごく考えされらる作品に出会ったと思った。
 
(40代女性)


 

 
 
 
私の今、一番の夢は社会福祉の勉強を大学でして、社会福祉士の資格を取得することだ。現在は、保育士として社会人もしているし、二人の子供の母親もしている。そのような多忙な生活の中で夢を追い続けることは決して簡単なことではない。それでも、何か夢に対する情熱があるから頑張れるのだと思う。
 
また、その夢を掴むためには決して近道や楽な道を選んではいけないという思いもある。夢幻花に魅せられた人たちは、楽をして夢を手に入れようとしたのだと感じた。花の力に頼れば、簡単にアイディアがわいていい曲も作れるし辛い現実から逃げ出すこともできる。しかし、簡単に夢を手に入れたり、現実から逃げることが果たして本当に幸せにつながるのだろうか。
 
実際に、夢幻花に取りつかれた人たちは幸せとは言えない結末をたどっている。やはり、夢は厳しいことがあっても自分の力で努力をして手に入れなければいけないものなんだと強く感じた。私も、勉強をしていると辛いことや逃げたいと思うことがたくさんある。
 
特に、金銭面での苦労は常に絶えない。安月給の保育士で子供二人の教育費を捻出しながら自分の学費まで出すことは楽なことではない。減っていく預金通帳を見てため息をついたことも一度や二度ではない。それでも、夢を諦めないのは、その先にきっと輝く未来があると信じているからである。また、今回は才能についても深く考えさせられた。
 
才能を持って生まれたものは絶対にその才能を使わなければいけないのだろうか。才能と自分の興味関心が大きくずれていた場合、才能があることが大きな枷になるのではないだろうか。一般的に非凡な者は才能のあるものを羨ましく思うものであるが、才能があるがゆえに辛いこともあるだろうと感じた。
 
そして、誰もが身軽に生きているわけではなく、それぞれが先祖から何かを背負わされてこの世に生まれてきていると感じた。それは時には自分を守ってくれるが時には重たい負担になるだろう。しかし、ラストでは背負っていくものの決意を強く感じることができた。
 
(30代女性)
 
 
 
 

夢幻花 (PHP文芸文庫)
夢幻花 (PHP文芸文庫)

posted with amazlet at 19.01.14
東野 圭吾
PHP研究所 (2016-04-07)
売り上げランキング: 1,893

 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


シェアする