読書感想文「時生(東野圭吾)」

東野圭吾氏の時生という作品を読んだ。序盤の、誰にでも当てはまりそうな主人公の体たらくに呆れたり辟易しながらも、最終的には人の巡り合わせという不思議で深い縁を感じた。
 
主人公は甲斐性もなくだらしなくて恋人に生活費までせがみ、見捨てられてしまう様な典型的な読み手までイライラさせるダメ男である。しかしある出会いを経て一人の全うな男、父親に変貌とでも言える様な成長していくのだが、確かにイライラさせながらもこの主人公は完全には憎めずどこかお茶目な所があり不思議所読み進めることができてしまうのだ。
 
また、全うな男になるキッカケとなる人物が女性などの異性ではなく、意外なことに少年という所だ。ありきたりの定番でいったら可愛い異性が現れるものなのだが、キーパーソンとなる人物が少年というところでよくも悪くもむさ苦しいというか、ラブドラマの気配を排してしるので逆に安心感をもって読み進めることができる。

 
 
当然恋愛の様なドキドキなどを求めてる人にはニーズが合わないだろう。そしてこの少年トキオが年齢の割にかなりしっかりした人物なのでグラグラと軸の安定しない主人公の拓実をうまく先導してくれているので、バランス感というか、主人公はダメダメなのに物語自体はかなりしっかりとした軸がある感じだ。
 
生活費を無心していた恋人が失踪し、時生とともに追跡をするうちに、拓実の意外な育ちの経緯や、確執のある母親との関係が物語に折り込まれることになる。拓実は母親との面会を嫌がるが、しっかり者の時生に諭されて面会にまで至るものの、拓実の未熟さゆえに母親との邂逅には至らない。この出来事が物語の後半の大きな伏せんとなり、その時とった拓実の行動がどれほど拓実の成長を遂げたのかのバロメーターにもなる。
 
結果的に失踪した恋人を救うことができたものの、その後結ばれる事はない。そこの所も変に恋愛チックではないし、かなりの現実味を感じる事が出来、好意を持てた。また、それまで時生と過ごし拓実が成長してきた時間と感情をまた時を経て再び時生と出会った時に結晶化する事になる。
 
そしてまた次の時生につながるのだが、この物語が家族の血縁だけではなくもっと深い繋がりを漠然と感じる事ができ、もしかしたらこの様なドラマチックな出来事が実は各家庭に起こっていて、実はドラマチックなことではなく、その様な経緯を全員が経て数多の人々の中から出会い、築き、当たり前のように噛み締めながら日々を過ごしているのではないかと思ってしまうほどである。
 
家族を築く偉大さと大変さ、生きることまで考えさせられてしまう。
 
(30代女性)
 
[amazonjs asin=”4062751666″ locale=”JP” title=”時生 (講談社文庫)”]
[sc:post-under-massage ]

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


シェアする