読書感想文「続氷点(三浦綾子)」

『続氷点』は作家・三浦綾子の処女作『氷点』の続編である。1960年代の北海道を舞台にし、主人公・辻口陽子の苦悩と成長を描いた物語だ。最も印象に残っているのは、物語の最後、陽子が網走の“燃える流氷”を見る場面だ。陽子は前作『氷点』で養母が告げたような“殺人犯の娘”ではなかった。だが、『続氷点』の冒頭で“不義で生まれた子”という真実を知り、陽子は実母をゆるせずに苦悩する。陽子が最終的に母をゆるすきっかけになったのが、網走を訪れたときに見た流氷だった。陽子と同じように、私にはどうしてもゆるせない人間がいた。自分の価値観を他者に押し付け、他者に命令を下し、常に自分に従わせようとする。だが、その命令が間違っていたと判明しても、決して責任を認めない。そんな人間だ。私は何年も憎みつづけてきた。だから、“不義で生まれた子”であることを知り、母をゆるせない陽子にとても共感した。人生が両親の不義という事実から始まっていることに苦悩し、母を認められない陽子の姿は、自分のことのように思えた。前作『氷点』の陽子は何があっても前向きで、どんな状況でも決して他人のせいにせず、環境に左右されずに生きる。養母から嫌がらせを受けても、それを理由に非行に走ったりせず、まっすぐな自分の生き方を貫く。まるで聖女のような前作の陽子は尊敬できても好きにはなれなかったが、今作の苦悩する陽子は人間的で好感を持てる。道徳を持ちだせば、自分を傷つけた相手を恨んだり憎んだりして生きるよりも、ゆるすべきだということになるだろう。だが、それはとても難しいことだ。前作では聖女のようだった陽子ですら、今作ではゆるすことができずに苦悩している。その姿に私は勇気づけられた。私は陽子と同じように流氷を見てみたいと思い、冬の網走を訪れた。氷点下十度の気温、凍りつくような海風、白くかがやく流氷、どれも東京生まれの私には初めて体験することだった。作中にある“燃える流氷”(光の加減で、真紅に輝く流氷)を見ることはできなかったが、満足だった。『続氷点』の陽子に魅せられた私は、東京から北海道に移り住んだ。今の私はゆるせなかった人間をゆるしている。何年もの苦しみから解放された。陽子が苦悩から解放されたように。

 

(30代男性)

 


 

 

 

自分にも罪があると感じた。ここまで氷点を読み、どんな最後を迎えるのか、少し不安でもあった。陽子と同じように、自分には罪などないと思って生きてきたけれども、読んでいくうちに、多くの罪を重ねてきて今があるのではという思いに至った。陽子の生きてきた道は他の人に比べると相当な激しい道のりだったなと、ここまでくると思える。それでも徹は傍にいてくれ、そして北原も温かく見守ってくれている。また、続氷点から登場する相沢順子も、よき友人となってくれている。全ての巡りあわせは、最初から決まっていたのだろうか。相沢順子との出会いは、おそらく避けて通ることのできないものなのだろう。出会ったことで順子の抱く思いも少し軽減できたのだから、結果としては良かったのだと思える。ただ、陽子の異母兄弟である三井達也との出会いは、良かったのだろうか?とにかく続氷点の中では達也がかなり物語を荒らしているような気がしてならない。異常に母親を愛している達也。その姿は怖さを感じてしまう。偶像的崇拝というのはこういうことなのではないか?母親に似ている陽子のことを気に掛けるのは分かるけれども、だんだんと執着心が激しくなっていき、簡単に止めることができなくなっているような気がする。こんな人間が周りに居たら、恐怖を感じてしまうだろう。最終的にやはり暴走してしまうのだから、感じていた恐怖は確かなものになってしまった。でも、達也にも生い立ちがある。達也が生まれた頃にあった出来事が彼の性格を作ってきたのかもしれない。そうなると、その罪は両親にあるのだろう。ただ、その両親もそれぞれに抱えている思いがある。こうして堂々巡りをしていると、一体誰が悪いのか、何が悪いのか、よくわからなくなってきてしまう。負のスパイラルという言葉もあるけれど、この場合はちょっと違うように思う。ただ、少しずつ影響していきどんどん悪い方向へ行ってしまっているということは言えるように思う。何が良い結果なのか、どうしていたら違う結果になっていたのか、悶々とした気持ちが読み終わった後に残る作品だった。

 

(30代女性)

 

[sc:post-under-massage ]

 

コメントを残す

シェアする