感想ライブラリー

読書感想文「花のベッドでひるねして(よしもとばなな)」

こんなに愛された子どもがいて、子どもから愛された親がいて、幸せな光に包まれた気持ちにさせてもらえた。海岸に捨てられていた赤ちゃんを、病気で子どもが産めなくなった女性が連れて帰り、血の繋がった子ども以上に家族みんなで慈しん […]

続きを読む

読書感想文「かもめ食堂(群ようこ)」

この本を読んで一番心に残ったのは家族以外の人たちと深い絆で理解し合ったり、時には手を差し伸べたりすることがこんなに自然にできるのだということだった。主人公のサチエが異国の地で開いた小さな食堂に偶然に引き寄せられた二人の日 […]

続きを読む

読書感想文「夢幻花(東野圭吾)」

この書籍の表紙イラストの鮮やかさに目を奪われた。次に本の帯に書かれていた「黄色いアサガオだけは追いかけるな。」「黄色いアサガオには手を出すな。」のキャッチコピーに惹かれてしまい手に取った。ふと思い出した事に、昔父もアサガ […]

続きを読む

読書感想文「田園発 港行き自転車(宮本輝)」

心が洗われる…いや、浄化された。本当に読んで良かったと思えた小説だ。特別大きな事件が起こったり、揉め事があったりすることなく、普通の人たちが丁寧に日々を過ごすことで、富山に繋がっていく物語。とにかく登場人物の一人一人の人 […]

続きを読む

読書感想文「銀の朝、金の午後(藤堂志津子)」

この本は60代高齢女性が1人暮らしする様子がずっと書かれています。イメージ的に独居老人とはさびしいとかつらいとか悲しいとかマイナスなものしか思い浮かばないのですが、この本はそういうことはあまり感じない雰囲気でした。近所に […]

続きを読む

読書感想文「サマーウォーズ(岩井恭平)」

本書を一読した限りでは、情報を整理し、ストーリーを追い、キャラクターを把握するだけで精いっぱいというのが本音だった。だから、何度も何度も読み返した。頭の中に「絵」を思い浮かべても、それは当然、読者である私の頭の中にある勝 […]

続きを読む

読書感想文「ランドリー(森淳一)」

私はこのランドリーという本を読んで、自分自身の人間としてきちんと備わっている感情に安心しました。なぜ、そんなことを思ったかというと、この本は人の温かさ、優しさ、寂しさなどが純粋で表現されている本です。登場人物はありのまま […]

続きを読む

読書感想文「水源―The Fountainhead(ア[…]

ある一人のアメリカの建築家を知る為に私はこの本を探した。それは私の読んだ本の中で一番分厚いながらも捨てられない本だ。この本の中には、私の中の深いところににみなぎっている想いが詰まっている。私の運命の本である。様々な登場人 […]

続きを読む

読書感想文「古都(川端康成)」

なんて美しい。なんて儚い。この本を読み終わったとき、まず最初にそう思いました。捨て子ではありましたが商家の娘として大切に育てられた千重子と、ふたごであった生き別れの妹の苗子が祇園祭で出会い、お互いに惹かれていくさまが本当 […]

続きを読む

読書感想文「好奇心を“天職"に変える空想教室[…]

  子供は素直だと思う。日常の全てが興味、不思議、謎でいっぱいだからだ。「好き」の気持ちでいっぱいなのだ。大人になっても出来るだけその気持ちは大切にした方がいいと思う。でも、大人は常に目の前の現実を見て日々闘わ […]

続きを読む