読書感想文「あの頃ぼくらはアホでした(東野圭吾)」

あの頃ぼくらはアホだった。これは東野圭吾のエッセイ。東野圭吾がいかにしてつくられたかが垣間見える本で、思わず共感してしまう内容ばかりである。子供時代、中学生、高校生、大学生、自分も同じ経路をたどって今に至るもんだから、共感できるものばかりなのだ。考えていることはいつの時代もおなじなんだと安心するところもある。

 

さらに、年代が違うからこそ、この時代に流行ったもの、通信手段が今より発達していなかった分またおもしろさが垣間見え、人間臭さがにじみ出ていて本当に面白いのだ。ドキドキしながら読むというよりかは、そうそう!わかる!わかる!と共感しながら読むのだ。自分とは年代が違うが、面白いなと思ったのは中学時代のヤンキーの話である。

 

クラスに一人はいるもんだが、時代が少し違うだけでこんなに違うのかと最初は読んでいた。ヤンキーの個性というか仁義が彼らなりにあってというところ、わたしの時も本当に根っこからのワルはいなくて、何か主張したいというところに共感するのである。そして、受験だったり将来のこと。いろんな人と関わって何かしらがきっかけとなって物事は動いていくんだということがよくわかる。

 

しかし、昔のことをよく覚えているなというのが、正直な感想。そして、やはり作家になるくらいなのだから、交友関係も一般人とは違うということ。大学も今も昔も新入生歓迎コンパは飲ませることは変わりがないんだなという驚きとともに失望。この本をもう少し若いころに読んでいたら、もう少し世界が変わったのではないのかなと思ったりもする。

 

なぜなら、自分は大学の時飲み会などには参加したが、あまり学校に通わないでバイトばかりしていたので、先輩とか就職活動も熱心にしていなかったからだ。そもそも大学がどういうものか就職活動がどういうものか何も知らず、ただ、自宅と大学とバイト先を往復していた日々がとてももったいなく思えた。

 

東野圭吾のようにエッセイにする思い出がないのだ。これはとてもさみしいことだなと大人になってから思った。今でも人付き合いは深入りせず、広くもなくただただ浅い。親しい人は数えるほどである。自分の葬式にはどれだけ来てくれるのだろうかなと、これからの自分のあり方について考えさせられた。共感できるところと、自分に足りないものの二種類の感情を呼び起こしてくれた。

 

(30代男性)


 

 

 

 

この作品を手に取った時は、『ガリレオ』シリーズで物理を駆使したトリックの面白さにハマっていた。その著者のエッセイだからいったいどんな素顔が垣間見られるのかとの興味本位で読み始めた。すると、著者の中学生時代から大学生での就職活動の苦労話までが描かれており、終止笑いが止まらなかった。

 

まず関西出身なのも驚いたが、このテンポの良さはやっぱり関西人ならではなのだと納得してしまった。最近では『学校崩壊』と頭の良い子が授業の邪魔をしたり、障害児などの落ち着きの無い子供によって授業ができないとの話しはささやかれている。ところが、著者の時代には、まだまだ不良と呼ばれた”悪ガキ”がぎょうさんいたのである。

 

この最悪のクラスメイトの中でも友達としてうまく関わっていく姿がたくましく思えた。この経験が有るからなのか、個性豊かのF高校時代も女子更衣室を覗いたり、ブルースリーの映画に影響されて真似でヌンチャクもどきの”鎖棒”を買おうとする少年の素顔が微笑ましかった。思わず自分の高校生の頃にはどんなことをしていたかと、感傷に耽ってしまった。

 

更衣室を覗くようなことはしなくても、仲の良かった数名の友と帰宅途中でのおしゃべりや買い食い等の思い出を振り返る良い機会となった。作家を目指すような人は、子供の頃から読者好きでたくさん本を読んでいたり、お話を作る遊びをしている人ばかりだと思っていた。ところが、著者は読書嫌いであったなんて驚きだった。

 

しかも上のお姉さんが読んでいた『江戸川乱歩』と2番目のお姉さんの本棚にあった『松本清張』に出会って、推理小説の目覚めたのがなんと高校生になってからだったことも驚きだ。ついに著者は自分でも推理小説を書くことになるが、面白いと思ったことはいつまでも続くものなんだと改めて感じた。

 

なかなかうまくいかない事が続くと、諦めてしまう私にとっては、持続することの難しさはわかっているがこのエッセイにパワーをもらえたきがする。それに、著者は高校生になってから小説を書き始めているので、新しい事を始めるには年齢など関係ないこともこの作品から思い知った。

 

(40代女性)

 

 

 

 

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 46,545

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

東野圭吾作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする