感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「ローマ人の物語 (2) ハンニバル戦記(塩[…]

ここ数年、日本が自衛隊から軍隊に移行するというニュースをよく耳にする。戦後日本の教育は戦争アレルギーといっていいほど武力の行使に反対的な意見を貫いてきた。しかし人類の歴史は戦争の歴史といっていいほど文明、文化の発達を語る […]

続きを読む

読書感想文「神々の山嶺(夢枕獏)」

羽生という男は最初は嫌いだった。山岳会という組織に属しながら我が儘を言う姿やアルバイト先での協調性のなさ、そして自分の登山観を強引に人に押し付ける傲慢さなどすべてが嫌だ。象徴的な部分が山岳会のエベレスト登頂の時である。隊 […]

続きを読む

読書感想文「少年H(妹尾河童)」

私は、この本の読後感が大好きだ。戦争の話が大半を占めているにも関わらず、戦争の悲惨さはあまり感じずに、主人公の成長がすばらしくて、読んだ後に晴れやかな気持ちになって終わることができた。とくに、上巻の主人公が幼い時の話には […]

続きを読む

読書感想文「贅沢の探求(ピーター・メイル)」

私は、この本を今まで何度読んだかわからない。読み終えるたびに、リッチな気持ちになることができるのである。普通の生活の中では、決して訪れることがないような高級店や日常からかけはなれたフランスでの優雅な生活がまるで自分が体験 […]

続きを読む

読書感想文「あん(ドリアン助川)」

ハンセン病という病について、私はほとんど知らなかった。それどころか、ニュースでその名前だけは知っていたものの、詳しく知ろうともしていなかったのである。この話を読んで、そんな自分が恥ずかしくなる思いであった。実際にあったハ […]

続きを読む

読書感想文「人魚の眠る家(東野圭吾)」

この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがある。そして子どものために狂えるのは母親だけである。これは、6才の愛する我が子が脳死になり、その子のためにできうる限りのことをした母親のセリフである。親はいつだって子どもの幸せ […]

続きを読む

読書感想文「極悪専用(大沢在昌)」

著者は、ハードボイルド作家なので、この本を手にした時はいったいどんな出来事が起こるのかドキドキしていた。ところが、主人公の望月拓馬はめちゃめちゃ軽くいい加減な奴だった。そこで、祖父の差し金でこの極悪人専用超高級マンション […]

続きを読む

読書感想文「インドネシア イスラームの覚醒(倉沢愛子)[…]

私は今、インドネシアで生活を送っている。あまり知られていないが、インドネシアは世界最大のイスラーム人口を誇り、2億5千万の人口の9割がイスラームだと言われている。実際、私の周りにもイスラームの人たちが大勢いるし、友人も多 […]

続きを読む

読書感想文「沼地のある森を抜けて(梨木香歩)」

この世の中は、「男」と「女」で構成されている。男女がお互いを好きになり、結婚し、子供をつくり、その子供がまた異性と出逢い…。そうやって、私たちはこの世界を維持し、発展させている。しかし、そもそもこの「男」と「女」という壁 […]

続きを読む

読書感想文「男は邪魔! 「性差」をめぐる探究(高橋秀実[…]

日本以外の先進諸国では、筋力以外で男女の能力に性差はない、差がある場合は男女によるのではなく個人の差であるとされて長い。その点日本においてはいまだに、男性脳、女性脳などといってあたかも男女による違いで家事や仕事に適不適が […]

続きを読む

読書感想文「ぼくたちに、もうモノは必要ない。(佐々木典[…]

私がこの本を手に取ったのは、結婚相手が恐ろしくモノを溜め込む癖があり、なんとか改善できないかと思っていたからだ。買ってすぐ旦那にプレゼントしようかとも思ったのだが、自分自身が内容を読まずに押し付けるのも…と思い、読んでみ […]

続きを読む

読書感想文「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(山田真哉)[…]

身の回りの全ては数字が関わっている。数字を知ることは、その奥にあることを想像し、知ろうとすることだ。わたしがこの本を読んで最初に持った感想である。著者はさおだけ屋、高級料理店、割り勘などなるだけ身近でわかりやすい例を用い […]

続きを読む

読書感想文「十五少年漂流記(ジュール・ヴェルヌ)」

私がこの物語を読み終わりまず最初に感じたことは、「人と人の間に国籍とか、人種とか考え方の違いという壁があったとしてもそれは必ず超えられるものなんだ」ということだ。この本は漂流した少年たちがその島で暮らし最終的には脱出する […]

続きを読む

読書感想文「サラバ!(西加奈子)」

「サラバ!」は私に今までの生きざまを「正しかった」と認めてくれた本であった。ママ友のランチの時にママ友が紹介してくれた本が「サラバ」だった。子育てに忙しい日々を送る毎日で読書とはすっかり離れた生活を送っていた。最近は男性 […]

続きを読む

読書感想文「河童・或阿呆の一生(芥川龍之介)」

この作品は芥川龍之介氏がパラレルワールドを表現している奇しくも、滑稽なSF小説である。まず、羅生門や地獄変の氏の作品のイメージとは一線を画した作品である。主人公はおそらく人生という道に迷った男、しかしながら彼の体験した世 […]

続きを読む

読書感想文「火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎)」

この物語はとてもリアリティのあるファンタジーだと思った。危険そうな人物は拷問にかけられ処刑されるという恐ろしい設定があるが、読んでいくとなるほど、「あり得るかもしれない」と思わされるのだ。   平和を守る為の「 […]

続きを読む

読書感想文「白砂(鏑木蓮)」

この本を読んでまず感じたことは、人を骨まで愛することのすばらしさと、それとはうらはらに愛し過ぎることによって回りが見えなくなると、簡単に犯罪行為ができてしまう人間の脆さ、弱さを感じた。   愛するということは、 […]

続きを読む

読書感想文「カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾)」

タイトルを見た時には、このような複雑な展開になるとは思ってもいなかった。まさかの展開に様々な人の思惑が重なり、心理サスペンスの面白さにドンドン引き込まれていった。始めは、『ちゃれんじ?』というスノーボード体験エッセイを先 […]

続きを読む