感想ライブラリー

読書感想文「ローマ人の物語 (2) ハンニバル戦記(塩[…]

ここ数年、日本が自衛隊から軍隊に移行するというニュースをよく耳にする。戦後日本の教育は戦争アレルギーといっていいほど武力の行使に反対的な意見を貫いてきた。しかし人類の歴史は戦争の歴史といっていいほど文明、文化の発達を語る […]

続きを読む

読書感想文「神々の山嶺(夢枕獏)」

羽生という男は最初は嫌いだった。山岳会という組織に属しながら我が儘を言う姿やアルバイト先での協調性のなさ、そして自分の登山観を強引に人に押し付ける傲慢さなどすべてが嫌だ。象徴的な部分が山岳会のエベレスト登頂の時である。隊 […]

続きを読む

読書感想文「少年H(妹尾河童)」

私は、この本の読後感が大好きだ。戦争の話が大半を占めているにも関わらず、戦争の悲惨さはあまり感じずに、主人公の成長がすばらしくて、読んだ後に晴れやかな気持ちになって終わることができた。とくに、上巻の主人公が幼い時の話には […]

続きを読む

読書感想文「贅沢の探求(ピーター・メイル)」

私は、この本を今まで何度読んだかわからない。読み終えるたびに、リッチな気持ちになることができるのである。普通の生活の中では、決して訪れることがないような高級店や日常からかけはなれたフランスでの優雅な生活がまるで自分が体験 […]

続きを読む

読書感想文「あん(ドリアン助川)」

ハンセン病という病について、私はほとんど知らなかった。それどころか、ニュースでその名前だけは知っていたものの、詳しく知ろうともしていなかったのである。この話を読んで、そんな自分が恥ずかしくなる思いであった。実際にあったハ […]

続きを読む

読書感想文「人魚の眠る家(東野圭吾)」

この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがある。そして子どものために狂えるのは母親だけである。これは、6才の愛する我が子が脳死になり、その子のためにできうる限りのことをした母親のセリフである。親はいつだって子どもの幸せ […]

続きを読む

読書感想文「極悪専用(大沢在昌)」

著者は、ハードボイルド作家なので、この本を手にした時はいったいどんな出来事が起こるのかドキドキしていた。ところが、主人公の望月拓馬はめちゃめちゃ軽くいい加減な奴だった。そこで、祖父の差し金でこの極悪人専用超高級マンション […]

続きを読む

読書感想文「インドネシア イスラームの覚醒(倉沢愛子)[…]

私は今、インドネシアで生活を送っている。あまり知られていないが、インドネシアは世界最大のイスラーム人口を誇り、2億5千万の人口の9割がイスラームだと言われている。実際、私の周りにもイスラームの人たちが大勢いるし、友人も多 […]

続きを読む

読書感想文「沼地のある森を抜けて(梨木香歩)」

この世の中は、「男」と「女」で構成されている。男女がお互いを好きになり、結婚し、子供をつくり、その子供がまた異性と出逢い…。そうやって、私たちはこの世界を維持し、発展させている。しかし、そもそもこの「男」と「女」という壁 […]

続きを読む

読書感想文「男は邪魔! 「性差」をめぐる探究(高橋秀実[…]

日本以外の先進諸国では、筋力以外で男女の能力に性差はない、差がある場合は男女によるのではなく個人の差であるとされて長い。その点日本においてはいまだに、男性脳、女性脳などといってあたかも男女による違いで家事や仕事に適不適が […]

続きを読む